Mrs.Suzu841.com mrs.suzu841.com老いの手遊び

Windows10 pro 64bit、バージョン 2004、OS ビルド 19041.1237 という Windows 環境へ VMware Worakstation Player をインストールし、 そこへ Ubuntu 20.04 をインストールして flatpak の applications distribute である fluthub にある 日本語 gimp 2.10.28 をインストールしたのですが、 インストールした場所がわからず探すはめになってしまいました。

which

2021.09.28

最初は普通に which コマンドで探したのです。端末で " which gimp " とやったわけです。
でも、なにも返答なし。何度やっても応答なし。え? ええ? えええ〜〜???? 普通はこれで /usr/bin/gimp と表示されるはずなのですが・・・
もしかすると、sudo ユーザではダメなのかもと思い、 su - して root ユーザになってみたり、 もしかすると gimp の名前が違うのかと思い、Gimp GIMP gimp.org Gimp.org だとか、長ったらしい Gnu Image なんたらかんたらなどなどいろいろ試してみたものの あえなく全滅したので、今度はファイルブラウザで /usr/bin/ の中を確認します。 /usr/bin/ には、gimp の実行ファイルはありませんでした・・・ここから gimp や〜い♪ と放浪するはめになったのです。

flatpak コマンド

2021.09.28

端末で man flatpak と入力して Enter キーを押すと flatpak コマンドのドキュメントが表示されますので、 info に デバック用オプションの -v を用いてリストを表示してもらいます。この時に sudo ユーザでも大丈夫かと 思いますが、念の為、Ubutun のインストール直後に root ユーザを使用できるようにしてありますので、ここでは su - して root で操作しました。

			   
  name@isemaru:~$ su -
  パスワード:
  root@isemaru:~#

  root@isemaru:~# flatpak info -v org.gimp.GIMP

F: No installations directory in /etc/flatpak/installations.d. Skipping
F: Opening user flatpak installation at path /root/.local/share/flatpak
F: Opening system flatpak installation at path /var/lib/flatpak

GIMP (GNU Image Manipulation Program) - 画像の作成と写真の編集を行います

          ID: org.gimp.GIMP
         Ref: app/org.gimp.GIMP/x86_64/stable
        Arch: x86_64
      Branch: stable
     Version: 2.10.28
     License: GPL-3.0+ AND LGPL-3.0+
      Origin: flathub
  Collection: org.flathub.Stable
Installation: system
   Installed: 351.0 MB
     Runtime: org.gnome.Platform/x86_64/40
         Sdk: org.gnome.Sdk/x86_64/40

      Commit: 987611db8xdxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
      Parent: 0987654321xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
     Subject: Release GIMP 2.10.28. (7b7d98c7)
        Date: 2021-09-14 18:23:16 +0000
root@isemaru:~#

			   
			  

ここで Ref つまり、参照先が app/org.gimp.GIMP/x86_64/stable にあると表示されましたので、 これを追います。

          
            root@isemaru:~# cd /var/lib/flatpak/app/org.gimp.GIMP/x86_64

            root@isemaru:/var/lib/flatpak/app/org.gimp.GIMP/x86_64# ll
            合計 12
            drwxr-xr-x 3 root root 4096  5月 21 10:36 ./
            drwxr-xr-x 3 root root 4096  5月 21 10:36 ../
            drwxr-xr-x 3 root root 4096  9月 18 13:59 stable/
          
        
          
            root@isemaru:/var/lib/flatpak/app/org.gimp.GIMP/x86_64# cd stable/

            root@isemaru:/var/lib/flatpak/app/org.gimp.GIMP/x86_64/stable# ll
            合計 16
            drwxr-xr-x 3 root root 4096  9月 18 13:59 ./
            drwxr-xr-x 3 root root 4096  5月 21 10:36 ../
            drwxr-xr-x 4 root root 4096  9月 18 13:59 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx/
            lrwxrwxrwx 1 root root   64  9月 18 13:59 active -> xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx/
          
        
          
            root@isemaru:/var/lib/flatpak/app/org.gimp.GIMP/x86_64/stable#

            root@isemaru:/var/lib/flatpak/app/org.gimp.GIMP/x86_64/stable# ll
            合計 16
            drwxr-xr-x 3 root root 4096  9月 18 13:59 ./
            drwxr-xr-x 3 root root 4096  5月 21 10:36 ../
            drwxr-xr-x 4 root root 4096  9月 18 13:59 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx/
            lrwxrwxrwx 1 root root   64  9月 18 13:59 active -> xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx/
          
        
          
            root@isemaru:/var/lib/flatpak/app/org.gimp.GIMP/x86_64/stable# cd active

            root@isemaru:/var/lib/flatpak/app/org.gimp.GIMP/x86_64/stable/active# ll
            合計 32
            drwxr-xr-x 4 root root  4096  9月 18 13:59 ./
            drwxr-xr-x 3 root root  4096  9月 18 13:59 ../
            -rw-r--r-- 1 root root 10070  9月 18 13:59 deploy
            drwxr-xr-x 4 root root  4096  9月 18 13:59 export/
            drwxr-xr-x 9 root root  4096  9月 18 13:59 files/
            -rw-r--r-- 2 root root   776  5月 21 10:36 metadata
          
        

こうして延々と追いかけ、探しまくります。

tree コマンド

2021.09.28

探すのにいい加減疲れてきたので、とりあえず tree コマンドがインストールされていますので、 以下のように端末に入力して、tree 表示をさせ、 tree-of-org.gimp.GIMP.txt と名前をつけて保存します。。

        
          $ tree `flatpak info -l org.gimp.GIMP` >tree-of-org.gimp.GIMP.txt

/var/lib/flatpak/app/org.gimp.GIMP/x86_64/stable/xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
├── deploy
├── export
│   ├── bin
│   │   └── org.gimp.GIMP
│   └── share
│       ├── applications
│       │   └── org.gimp.GIMP.desktop
│       ├── icons
│       │   └── hicolor
│       │       ├── 16x16
│       │       │   └── apps
│       │       │       └── org.gimp.GIMP.png
│       │       ├── 22x22
│       │       │   └── apps
│       │       │       └── org.gimp.GIMP.png
│       │       ├── 24x24
│       │       │   └── apps
│       │       │       └── org.gimp.GIMP.png
│       │       ├── 256x256
│       │       │   └── apps
│       │       │       └── org.gimp.GIMP.png
│       │       ├── 32x32
│       │       │   └── apps
│       │       │       └── org.gimp.GIMP.png
│       │       └── 48x48
│       │           └── apps
│       │               └── org.gimp.GIMP.png
│       └── mime
├── files
│   ├── bin
│   │   ├── cairo-trace
│   │   ├── fax2ps
│   │   ├── fax2tiff
│   │   ├── gimp -> gimp-2.10
│   │   ├── gimp-2.10
│   │   ├── gimp-test-clipboard-2.0
│   │   ├── gimptool-2.0
│   │   ├── pal2rgb
│   │   ├── ppm2tiff
│   │   ├── python -> python2
│   │   ├── python2 -> python2.7
│   │   ├── python2.7
│   │   ├── raw2tiff
│   │   ├── tiff2bw
│   │   ├── tiff2pdf
│   │   ├── tiff2ps
│   │   ├── tiff2rgba
│   │   ├── tiffcmp
│   │   ├── tiffcp
│   │   ├── tiffcrop
│   │   ├── tiffdither
│   │   ├── tiffdump
│   │   ├── tiffinfo
│   │   ├── tiffmedian
│   │   ├── tiffset
│   │   └── tiffsplit
│   ├── etc
│   │   ├── gimp
│   │   │   └── 2.0
│   │   │       ├── controllerrc
│   │   │       ├── gimprc
│   │   │       ├── gtkrc
│   │   │       ├── menurc
│   │   │       ├── sessionrc
│   │   │       ├── templaterc
│   │   │       ├── toolrc
│   │   │       └── unitrc
│   │   └── gtk-2.0
│   │       └── im-multipress.conf
│   ├── extensions
│   ├── include
│   │   ├── OpenEXR
│   │   │   ├── Iex.h
│   │   │   ├── IexBaseExc.h
│   │   │   ├── IexErrnoExc.h
│   │   │   ├── IexExport.h
│   │   │   ├── IexForward.h
│   │   │   ├── IexMacros.h
│   │   │   ├── IexMathExc.h
│   │   │   ├── IexMathFloatExc.h
│   │   │   ├── IexMathFpu.h
│   │   │   ├── IexMathIeeeExc.h
│   │   │   ├── IexNamespace.h
│   │   │   ├── IexThrowErrnoExc.h
│   │   │   ├── IlmBaseConfig.h
│   │   │   ├── IlmThread.h
│   │   │   ├── IlmThreadExport.h
│   │   │   ├── IlmThreadForward.h
│   │   │   ├── IlmThreadMutex.h
│   │   │   ├── IlmThreadNamespace.h
│   │   │   ├── IlmThreadPool.h
│   │   │   ├── IlmThreadSemaphore.h
│   │   │   ├── ImathBox.h
│   │   │   ├── ImathBoxAlgo.h


ファイル数が多いので途中を省略します。



│       │   ├── HighContrast
│       │   │   ├── gtk-2.0
│       │   │   │   └── gtkrc
│       │   │   └── index.theme
│       │   └── Raleigh
│       │       └── gtk-2.0
│       │           └── gtkrc
│       └── webkitgtk-1.0
│           ├── images
│           │   ├── deleteButton.png
│           │   ├── inputSpeech.png
│           │   ├── missingImage.png
│           │   ├── nullPlugin.png
│           │   ├── panIcon.png
│           │   ├── textAreaResizeCorner.png
│           │   └── urlIcon.png
│           └── resources
│               └── error.html
└── metadata

776 directories, 10346 files
        
			

gimp の実行ファイル

2021.09.28

プログラム本体は /var/lib/flatpak/app/org.gimp.GIMP という名前でインストールされ、 実行ファイルは /var/lib/flatpak/app/org.gimp.GIMP/x86_64/stable/ 以下の ながながとした数字とアルファベットの羅列のタイトルがついたディレクトリの中にある export/ の中にあります。

export/ 以下には bin/share/ という 2 つのディレクトリがありました。

最初に bin/ に入っているファイルになにが記述されているのかを端末で表示させてみます。

        #!/bin/sh
        exec /usr/bin/flatpak run --branch=stable --arch=x86_64 org.gimp.GIMP "$@"
        org.gimp.GIMP (END)
        
			 

どうやら普通の起動スクリプトのようですので、実行させてみますと、未設定の初期状態の gimp が起動しました。
ただし、2 度、3 度とこれを実行させてみたら、私がカスタマイズした gimp の設定を終了時に保存としてあった為 2 回め以降はこの設定を読み込んだユーザの gimp の姿で起動してきました。

share/applications の中の gimp

2021.09.28

export/share/applications の中にある gimp のアイコンを右クリックしてみるとコマンド欄に以下のように 起動スクリプトが記述されていました。

		    
/usr/bin/flatpak run --branch=stable --arch=x86_64 --command=gimp-2.10 --file-forwarding org.gimp.GIMP @@u %U @@
		    
      

今度は端末を使い less で何が記述されているのかを見てみます。

		    
[Desktop Entry]
Version=1.0
Type=Application
Name=GNU Image Manipulation Program
Name[ar]=برنامج جنو لمعالجة الصور
Name[ast]=Programa de manipulación d Imaxe GNU
Name[be]=GIMP — праґрама праекту GNU для працы зь відарысамі
Name[bg]=Редактор на изображения (GIMP)
Name[br]=Goulev da zornata skeudennoù GNU
Name[bs]=Gnuov program za obradu slika (GNU Image Manipulation Program)
Name[ca]=Programa de retoc d imatges de GNU
Name[ca@valencia]=Programa de retoc d imatges de GNU
Name[cs]=GNU Image Manipulation Program
Name[csb]=Editora òbrôzów GIMP
Name[da]=GNU Image Manipulation Program
Name[de]=GNU Image Manipulation Program
Name[dz]=་་ཨི་མེཇི་་མ་ནུ་པུ་ལེ་ཤཱན་་པོརོ་གརམ།
Name[el]=Πρόγραμμα επεξεργασίας εικόνων GNU
Name[en_CA]=GNU Image Manipulation Program
Name[en_GB]=GNU Image Manipulation Program
Name[eo]=Bildmanipulilo (GIMP = GNU Image Manipulation Program)
以下省略

		    
		  

上記に続いて各国言語でずらずらと以下のような項目も上記と同じようにずらずらと記述されています。

		    
Name=GNU Image Manipulation Program
Name [] で表示されている。

GenericName=Image Editor
GenericName[] で表示されている

Comment=Create images and edit photographs
Comment[]  で表示されている

Keywords=GIMP;graphic;design;illustration;painting;
Keywords[] で表示されている。
		  
		

Keywords の下の最後の方になってやっと以下の記述がありました。

			  
Exec=/usr/bin/flatpak run --branch=stable --arch=x86_64 --command=gimp-2.10 --file-forwarding org.gimp.GIMP @@u %U @@
Icon=org.gimp.GIMP
Terminal=false
Categories=Graphics;2DGraphics;RasterGraphics;GTK;
StartupNotify=true
MimeType=image/bmp;image/g3fax;image/gif;image/x-fits;image/x-pcx;image/x-portable-anymap;image/x-portable-bitmap;image/x-portable-graymap;image/x-portable-pixmap;image/x-psd;image/x-sgi;image/x-tga;image/x-xbitmap;image/x-xwindowdump;image/x-xcf;image/x-compressed-xcf;image/x-gimp-gbr;image/x-gimp-pat;image/x-gimp-gih;image/x-sun-raster;image/tiff;image/jpeg;image/x-psp;application/postscript;image/png;image/x-icon;image/x-xpixmap;image/x-exr;image/webp;image/x-webp;image/heif;image/heic;image/avif;image/svg+xml;application/pdf;image/x-wmf;image/jp2;image/x-xcursor;image/openraster;
X-Flatpak-RenamedFrom=gimp.desktop;
X-Flatpak-Tags=stable;
X-Flatpak=org.gimp.GIMP
			  
			

ここでも、Exec で始まる行がありますから何かの起動のための設定だと思うのですが、さて???
もしかすると MimeType の行でいろいろな画像の拡張子が記述されていますから、gimp で対応できるイメージ画像の種類の設定かも・・・・???。

感 想

2021.09.28

ここんところ gimp でお絵描きしているうちになんか、変な現象にぶちあたった事があって、ひとつは gimp のメニューなどに使われているフォントの種類が変わっちゃって 見づらい、読みづらい! もとへ戻すにはどうしたらいいの〜???と。だって、そんなところいじった覚えないのに、そもそもなんで勝手に変わっちゃうわけ?? とか。 これはシステム全体のフォントの設定をもう一度設定しなおすことで元へもどりました。
そうして、今度は gimp を違うソフトから起動させるために gimp の実行ファイルの場所を探さなければ登録できないと。

コンピュータって本当にいいおもちゃ箱ですね。いっぱい知らないことが詰まっていて、これはなに? あれはなに? とひっくり返していじっているうちに壊れて、 壊れたら、それを治すのはどうしたらいいのか? と・・・。いくらでもおもちゃが出てくるびっくり箱のようです♪

-- 前 -- | -- Home --
ページのトップへ戻る